東京工業大学
東京工業大学 理学院 物理学系
東京工業大学 理学院 地球惑星科学系

会則

東京工業大学物理系学科同窓会「燕理会」会則

第1章 総則
[名称]
 第1条 本会は東京工業大学「応物・物理・地惑合同同窓会」と称する。なお略称を「物理・地惑系同窓会」とし、呼称を「燕理会」とする。
[会員]
 第2条 本会の正会員は下記の学科・専攻・系の卒業生・修了生とする。•理(工)学部旧応用物理学科、大学院理工学研究科旧応用物理学専攻(以下、応用物理系と言う)•理(工)学部旧物理学科、大学院理工学研究科旧物理学専攻、理学部(新)物理学科、大学院理工学研究科基礎物理学専攻、物性物理学専攻、理学院物理学系(以下物理系と言う)•理学部地球惑星学科、大学院理工学研究科地球惑星科学専攻、理学院地球惑星科学系(以下、地球惑星系と言う)。
  2.前項の各系に在籍された職員(教官、技官及び事務官)を特別会員とする。
  3.総会の決議により名誉会員を置くことができる。
[目的]
 第3条 本会は、会員相互の親睦を図り、会員相互の研さん及び会員の発展に資することを目的とする。

第2章 組織
[役員及び幹事等]
 第4条 本会には次の役員を置く。
  会長1名
  副会長1名(第2条地球惑星系を除く各系にて各1名を選出し、会長、副会長にあてる)
  代表幹事 3名(第2条各系ごと1名)
  会計1名
  監事1名
  2.会務補佐のために必要な規模の幹事(学年幹事等)を置くことができる。
  3.会務の充実・強化のため、必要に応じ顧問を若干名置くことができる。
 第5条 役員は総会において選任する。役員の任期は2年を原則とし、重任を妨げない。
  2.幹事は第2条の各系(以下「各系」と言う)で、所属会員の互選ないし推薦により選任する。
 第6条 会長は本会を代表し、会務を総理する。会長が欠けたときまたは事故あるときは、役員会で協議の上選任された副会長1名が会長の職務を行う。
  2.副会長は会長を補佐し、会務を処理する。
  3.代表幹事は第2条の各系の幹事を代表し、本会運営に係る連絡事務、名簿の整理等の会務を取り纏める。
  4.幹事は本会運営に係る連絡事務、名簿の整理等を担当し、会務の円滑な推進を補佐する。
  5.会計は本会の財務を担当し、総会において会計報告を行う。
  6.監事は本会の会計を監査すると共に、役員会及び幹事会の事務局業務を取り纏める。
[事務局]
 第7条 本会は事務局を東京工業大学理学部物理学科に置く。

第3章 総会、役員会及び幹事会
[総会]
 第8条 総会は原則として2年に1回開催する。
 第9条 総会は次の事項を審議・承認する。
 (1)役員の選任
 (2)事業計画並びに予算の承認
 (3)事業報告並びに決算報告の承認
 (4)会則の改定
 (5)その他役員会において総会に付議することが相当とした事項
  2.総会の決議は出席した会員の過半数でこれを行う。
[役員会]
 第10条 会長、副会長、代表幹事、会計及び監事は役員会を組織し、次の事項を行う。
 (1)総会で決定された事項の実施
 (2)総会・幹事会等の開催
 (3)予算案、事業計画案の作成
 (4)その他本会の運営に関する事項
 第11条 会長は役員会を招集し、その議長となる。
 第12条 役員会は毎年1回以上開催する。
  2.役員会の決議は出席役員の過半数でこれを行う。
[幹事会]
 第13条 幹事会は、本会の運営に係る特定業務の補佐を得るため、会長が適宜召集する。

第4章 財務
[会費]
 第14条 本会の財務は、会費(払込済み会費繰越金を含む)、総会時徴収会費、寄付金及びその他の収入によりこれを賄う。
 第15条 会費は原則として終身会費3000円一括払込とする。
[会計年度]
 第16条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第5章 その他
 第17条 本会則は本会設立総会の日(平成13年5月19日)より発効する。
 第18条本会則の改定は総会の決議によるものとする。
以上


来歴
 制定:平成13年5月19日総会にて承認。
 改定:平成19年5月23日総会にて第4条3項[顧問規定]追加を承認。
 改定:平成30年12月1日 総会にて第2条と第4条の変更を承認。
 変更内容
  第2条
:本会の正会員は下記の学科・専攻の卒業生・修了生とする。•理(工)学部旧応用物理学科、大学院理工学研究科旧応用物理学専攻(以下、応用物理系と言う)•理(工)学部旧物理学科、大学院理工学研究科旧物理学専攻、及び理学部(新)物理学科、大学院理工学研究科基礎物理学専攻、物性物理学専攻(以下物理系と言う)•理学部地球惑星学科、大学院理工学研究科地球惑星科学専攻(以下、地球惑星系と言う。
2.前項の各系の学科、専攻等に在籍された職員(教官、技官及び事務官)を特別会員とする。
3.総会の決議により名誉会員を置くことができる。
:本会の正会員は下記の学科・専攻・系の卒業生・修了生とする。•理(工)学部旧応用物理学科、大学院理工学研究科旧応用物理学専攻(以下、応用物理系と言う)•理(工)学部旧物理学科、大学院理工学研究科旧物理学専攻、理学部(新)物理学科、大学院理工学研究科基礎物理学専攻、物性物理学専攻、理学院物理学系(以下物理系と言う)•理学部地球惑星学科、大学院理工学研究科地球惑星科学専攻、理学院地球惑星科学系(以下、地球惑星系と言う)。
  2.前項の各系に在籍された職員(教官、技官及び事務官)を特別会員とする。
  3.総会の決議により名誉会員を置くことができる。
  第4条
:会長1名
  副会長2名(第2条各系にて各1名を選出し、会長、副会長にあてる)
:会長1名
  副会長1名(第2条地球惑星系を除く各系にて各1名を選出し、会長、副会長にあてる)