2019年度田中研セミナー

田中研では週に一度,セミナーをしています. 主に論文紹介や研究の進捗発表を行います.
また,主に学部4年生を対象とした輪講も週に一度行なっています.

2019年度のセミナーは原則として金曜日の10時から行います.

前期

Date Speaker Title/Reference Keywords
4/5 顔合わせ
4/26 白澤(D3) スピンギャップ系の熱伝導について
X. Zhao et al.: Sci. China-Phys. Mech. Astron. 59, 117501 (2016).
熱伝導率測定,spin ladder,S=1 Haldane鎖,ダイマー系
5/10 磯崎(M1) Kitaev模型に傾斜磁場をかけた時の振る舞いについて
C. Hickey and S. Trebst: Nat. Commun. 10, 530 (2019).
AFM-Kitaev模型,spin liquid,厳密対角化
5/17 出張(東大)のためお休み
5/24 渡辺(M1) 三角格子反強磁性体Ba3Ir2Ti2O9について
W.-J. Lee et al.: Phys. Rev. B 96, 014432 (2017).
Kitaev-Heisenberg模型、μSR測定、S=1/2三角格子
5/31 出張(Berlin)のためお休み
6/7 出張(東北大)のためお休み
6/14 出張(東北大)のためお休み
6/21 西澤(M1) s=1/2の異方性三角格子のハイゼンベルグモデルについて
Elaheh Ghorbani et al.: Phys. Rev. B 93, 085111, 014432 (2016).
三角格子反強磁性体、ギャップレススピン液体、らせん秩序
6/28 児島(M2) 異方性を持つ三角格子反強磁性体の飽和近傍とπ-coplanar相
D. Yamamoto et al, Phys. Rev. Lett. 112, 127203 (2014).
三角格子反強磁性体, 異方性, two-mode BEC, dilute bose gas, π-coplanar相
7/5 齋藤(M2) 容易軸型のシングルイオン異方性を持つ,S=5/2の古典的三角格子反強磁性体Rb4Mn(MoO4)3について
R. Ishii et al., EPL 94, 17001 (2011).
H. Yamaguchi et al., JPSJ 80, 064705 (2011).
7/12 B4コロキウム(7/25)の発表練習
岡田(B4)
高山(B4)
7/19 出張のためお休みの予定
7/26 高橋(M2)
8/2 高岸(M2)
8/9 白澤(D3)
8/16 渡邊(D1)