田中 秀数
所属
居室
生年月日
学歴
職歴
免許・資格
賞罰
科研費・外部資金
教育実績
免許・資格
所属学会
著書
部活動
趣味
生き方の指針
更新日

Member に戻る

田中 秀数 (Hidekazu Tanaka)

Tanaka (childhood) Prof. Tanaka

所属

東京工業大学大学院 理学院物理学系

居室

本館2-43号室

生年月日

1956年9月16日

学歴

1975年 3月 新潟県立柏崎高等学校卒業
1980年 3月 東京工業大学理学部物理学科卒業
1982年 3月 東京工業大学大学院理工学研究科物理学専攻修士課程修了
1984年 9月 東京工業大学大学院理工学研究科物理学専攻博士課程中途退学
1986年 3月 学位取得(東京工業大学,理学博士)

職歴

1983年10月 Hahn-Meitner 研究所客員研究員
1986年 1月 東京工業大学理学部助手
1990年 1月 名古屋大学教養部助教授
1993年10月 名古屋大学理学部助教授
1994年 4月 上智大学理工学部助教授
1996年 4月 東京工業大学理学部助教授
1998年 4月 東京工業大学大学院理工学研究科助教授
2002年 8月 東京工業大学極低温物性研究センター教授
2006年 4月 東京工業大学大学院理工学研究科教授
2016年 4月 東京工業大学理学院教授
現在に至る

免許・資格

教育職員免許(高等学校,理科1級)
自動車運転免許
高圧ガス製造保安責任者免許(乙種機械)
衛生工学衛生管理者免許

賞罰

1986年 手島記念研究賞 (博士論文賞)
2018年 電子スピンサイエンス学会 学会賞

科研費・外部資金

1987年度:科研費補助金奨励研究(A)「錯体の変形に関するフラストレーションのある系の構造相転移」代表
1989年度:科研費補助金奨励研究(A)「フラストレート系及び低次元系のスピン動力学」代表
1991~1993年度:科研費補助金一般研究(B)「三角格子反強磁性体における素励起と相転移の微視的過程の研究」代表
1996~1997年度:科研費補助金一般研究(B)「二重スピン鎖系ACuX3とKCrCl3の基底状態とスピンギャップ」代表
2000年度:東レ科学技術研究助成「スピンギャップ磁性体における磁気励起マグノンのボース・アインシュタイン凝縮と超流動」代表
2001~2004年度:科研費補助金特定領域研究(B)「磁場が誘起する磁性体の新量子現象」 (プロジェクトは終了しましたがサイトは こちら にあります.)
2005~2007年度:科研費補助金基盤研究(A)「スピンギャップ磁性体の相互作用制御と多重極限環境下における量子相転移」代表
2008~2010年度:科研費補助金基盤研究(A)「量子スピン系の多重極限環境下における新奇な基底状態と素励起」代表
2010年度:三菱財団自然科学研究助成「中性子散乱による新規低次元量子スピン系の量子多体現象の解明」代表
2011~2013年度:科研費補助金基盤研究(A)「フラストレーションの強い新規量子スピン系における量子多体効果の解明」代表
2014〜2016年度:科研費補助金基盤研究(A)「量子スピン系のボース・アインシュタイン凝縮とスーパーカレント」代表
2017〜2021年度:科研費補助金基盤研究(A)「スピン系の量子相転移と量子磁気励起」代表

教育実績

1986年 1月~1989年12月
東京工業大学において,初年次学生の物理学実験と演習

1990年 1月~1994年 3月
名古屋大学において,理,医,工,農学部1,2年次の学生に対する物理学の講義と実験

1994年 4月~1996年 3月
上智大学において,理工学部初年次学生に対する物理学の講義,物理学科学生に対する専門科目の講義と実験,及び研究指導

1996年 4月~現在
東京工業大学において,初年次学生に対する物理学の講義,物理系学生に対する専門科目の講義,大学院講義,及び研究指導

所属学会

著書

部活動

1997年 4月〜2014年 3月 東京工業大学柔道部長

趣味

生き方の指針

崔子玉座右銘

無道人之短  人の短を道ふこと無かれ
無説己之長  己の長を説くこと無かれ
施人慎勿念  人に施しては慎みて念ふ勿れ
受施慎勿忘  施しを受けては慎みて忘るる勿れ
世譽不足慕  世譽は慕ふに足らず
唯仁為紀綱  唯仁のみを紀綱と為す

更新日

2019年3月18日

ページの上部に戻る Member に戻る